« 秋の七草 | トップページ | サギ »

2009/11/06

トーテム

“面白そうな映画あるから見に行かない!”

 数日前友人に誘われるままに、六本木のこじんまりした映画館に出かけた。しかも夜の8時10分開演で、普通なら余り出かけたくない時間帯である。

 それでも出かけたのは、このところ私の関心の底辺を流れているいにしえ(古)のアジアに何となくかかわりそうな予感がしたからかもしれない。

台湾の少数民族アミ出身の歌手スミンと仲間の日常生活を丁寧に追っていくことで、台湾に於ける少数民族の姿を私達にも親しみやすく紹介してくれていた。彼らの歌声と曲調が心に優しく伝わってくる。穏やかで豊かな自然にはぐくまれた台湾の空気のようなものに染まっていくような気がした。

スミンの故郷で年配の人々が懐かしげに歌ってくれた日本の歌の数々。さりげなく写された部屋の壁に未だに貼ってある蒋介石の肖像画、スミンのおばあさんが敬虔なクリスチャンらしい事、・・・・、これら彼らがたどった近代の歴史のパッチワークの中にあって、アミ族の伝統儀式の映像が迫力をもって迫ってきた。

輪になって激しく踊る彼ら、特に男性の装束に思わず目を見張った。胸飾り、頭の周囲の羽飾り、これってアメリカインディアンのパクリでないの?と思うほど良く似ていた。

そういえば部落の長老の顔も何となくインディアンの酋長の顔に似ている。

そもそもトーテムという、バンド名にしてもトーテムポールのトーテムなのだろうと、ココまで来て始めて気が付いた。彼らが単に親しみを感じて命名したのか、民族的近似性を意識してつけたのか分からないが、私の頭の中では、はっきりとした民族移住の矢印が結びついた。

アミ族の言語はオーストロネシア語族に属し、5200年ほど前に一部が台湾を出て、フィリピン、インドネシア、マレー半島に渡り太平洋の島々ニューギニアやハワイ、イースター島、更にはマダガスカルまで広がっていったらしい。これらの言語には、はっきりとした親族関係が見られるという。

日本語の基礎語彙の35パーセントがオーストロネシア語族起源という説もあるという。

当然これらの言葉を話していた共通の祖先は中国大陸からいつの時代にかやってきたのであろうし、その一部がアメリカインヂアンの祖先になったのははっきりしているのだろうから、その親族関係は予想以上に緊密なものかもしれない。

この映画を見ながら、そんな事を考えていたらいつの間にか終了していた。

台湾のアミ族、アメリカインディアン、アンデス文明シカン、四川省三星堆遺跡、日本の起源、・・・・頭の中がカオス状態になってしまった今日この頃である。

|

« 秋の七草 | トップページ | サギ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トーテム:

« 秋の七草 | トップページ | サギ »