« 赤い実とヒヨドリ | トップページ | 明けましておめでとうございます! »

2009/12/25

GJ !

以前インターネットでこの言葉を見たときは意味が分からなかった。初めはNGの親戚みたいで、けなし言葉かなとも思ったが、前後関係からどうやらほめ言葉だろうと推測した。色々検索してGood jobの略である事が分かった。

そろそろ新政権の予算が見えてきた。その中でも目玉ともいうべき子供手当は、私が当初考えていた以上にすごいものなのかもしれない。正にGJ!である。

子供一人に、中学卒業まで26千円くれるという。前政権がばら撒きとして一人、1万何がしかのお金をいかにもありがたげに配ったのと比べても、その額といい期間の長さといい桁違いである。当然賛否両論あって不思議ではない。

子供は社会の宝である。この余りに自明な事が最近はともすれば忘れがちであった。子育ては個人が片手間にできるような簡単なものではない。現在のような複雑な社会に適応し、かつ社会の維持、向上に役立つ人材を育てるのはその社会の存亡にかかわる大事業である。

それなのに今までは、子育ての苦労は個々の家庭に押し付け、成果だけを企業なり国家が横取りする構図になってしまっていたのではないか。

 “過ちて改めざる、これを過ちと謂う

 日本社会が長い間欠落していたことに、新政権が遅ればせながら取り組んでくれる。これぞ超長期的視点に立った政策といえるのではないか。今後の円滑な運営に大いに期待したい。

 また高額所得者で補助を必要としない人は寄付として辞退する道も併記されていた。この財源が世界の子供の教育に役立てれば、多くの人々から感謝されるだろう。心配りが感じられる。

それにしても昨今の検察の目立ちたがり症候群とも見える行動には疑問を感じる。現首相の資金問題にこれだけエネルギーを割くより先にすべき、もっと社会に害を及ぼしている案件が山積みしていると思われる。

検察官は非常な権力を持っている。その権力を行使するには、根本には国民の利益を守るという強い使命感が必要であると思う。最近力の使われ方がぴんとはずれな事が多い気がする。

昨今の官僚の天下り問題とも、何か一脈通じるものを感じる。

 日本においてエリート選抜制度は知識習熟度に基礎を置く。これ自体は比較的公平にやる気のある人を選抜する方法として間違っていないと思う。

 問題はその前後である。社会との接点をいかに保障するかの問題である。現状では社会から遊離した純粋培養に陥りやすい。それを防ぐため受験資格に一定の社会人枠を設定する、合格後社会の中でもまれる期間(数年)を設けるなどの改革が必要なのではないだろうか。

|

« 赤い実とヒヨドリ | トップページ | 明けましておめでとうございます! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GJ !:

« 赤い実とヒヨドリ | トップページ | 明けましておめでとうございます! »