« 近ごろの気候・・・ | トップページ | 台湾旅行 2 »

2010/03/12

台湾旅行  1

時間のたつのは早い。特に最近は加齢に比例して加速しているように感じる。

 寒いさなかに日本脱出とばかりに飛び出した台湾だったが、昨日今日と穏やかな日々が続くと、もうはるか昔のような気がしてくる。ココで何らかの記録をしておかないとすっかり忘却のかなたに押し流されそうなので、記憶を探りながら書いてみる。

 成田から飛行機で4時間。今までも数回訪れたことがある。しかしいつも台北とか高雄とかの都会で、今回のように一周した事はなかった。九州とほぼ同じ大きさなのだが、初めてのことは何でも心躍るものだ。

 台北は以前きた時とあまり変わっていなかった。数年ぶりに訪れると浦島太郎気分になる、上海などの中国大陸諸都市の劇的発展を見た目からすると、意外な落ち着きであった。特に帰国前日の夕方など繁華街さえシャッター通りのようになっていたので、もしかして日本病が伝染したのか、とさえ思ってしまったがこれは誤解で、春節前の特殊事情によるものだった。

 台北と台中のほぼ真ん中、新竹市を通った時のガイドさんの説明が印象に残っている。この地域は台湾有数のハイテク企業の集積地で台湾のシリコンバレーと呼ばれているという。近年世界中からの注文で極度に忙しく、従業員は高給をもらえるが休暇を取れないので、せめてグルメぐらいしか金の使い道がない。最近献血運動の際、協力してくれた人の大半の血液が不健康で使い物にならないので処分されたという。又独身率が異常に高いという。

 人間の幸せってなんだろうと一寸考えてしまった。

                                                    続く

|

« 近ごろの気候・・・ | トップページ | 台湾旅行 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台湾旅行  1:

« 近ごろの気候・・・ | トップページ | 台湾旅行 2 »