« 摂氏30度 | トップページ | 小沢氏動く! »

2010/08/20

青いケシを見てきました! 2

 ヒマラヤの青いケシ・・・。以前から植物好きの間では憧れの響きを持って語られていた。秘境の地でひっそりと咲いている文字どうりの高嶺の花。一度見てみたい!でも私にとってそれは現実離れした夢のような話だった。

 去年中国四川省の九寨溝に行った折、直ぐ近くに四姑娘(スークーニャン=四女)という山があり、中腹のお花畑は高山植物の宝庫で、青いケシも見られるという話が飛び込んできた。よし!いつか行ってみよう。この話を帰国後友人に話したところ、私以上に青いケシファンだったので、善は急げということになりこの夏早速行く事になった。

(この年になると、いつ何が起こるか分からない。元気な時に行くに限る!)

 とはいっても、四千数百メートルまで行くのである。高山病にならないか、行程に耐えられるか・・・、色々心配はあったが、さして準備をするでもなく出発してしまった。

 四川省の西部は一昨年の大地震で大変な被害にあった地域である。今回の旅行の行程はちょうどその地域と重なってしまった。通行止めの箇所も多い。道路という道路は復旧と新たな建設で掘り返され、いたるところで立ち往生。町も村も、取り壊し予定の建物と建設途中の家々が混在し、正にカオスという状態だった。宿に着いた頃にはバスも、荷物も土ぼこりで真っ白になっているという日が続いた。

 ガイドさんの話によると、この地域は災難続きで、昨年秋以降10年に一度の旱魃に襲われ作物が壊滅的被害にあったと思うまもなく、10年に一度の豪雨に見舞われ土砂崩れで亡くなった人も多かったという。(この異常気象、何とかならないものか!!)

 追記  帰国後甘粛省の土石流災害が報道されました。今回の旅行先に隣接した地域です。犠牲者のご冥福をお祈りするとともに、被災地の急速な復興を願います。

 それにしても地球は最近変である。パキスタンの豪雨災害、ロシアの森林火災、日本の夏の異常な暑さ・・・・。自然現象ということで後始末に追われるだけでなく、もっと地球規模で原因の究明に取り掛かる必要があるのではないだろうか。

人類は古代、川の流れを龍として神格化したが、治水技術の進歩で制御し、今では豊かな生活をもたらしてくれるように変えてきたのだ!

|

« 摂氏30度 | トップページ | 小沢氏動く! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青いケシを見てきました! 2:

« 摂氏30度 | トップページ | 小沢氏動く! »