« 小沢氏動く! | トップページ | 青いケシを見てきました! 4 »

2010/09/03

青いケシを見てきました! 3

 成田から飛行機で成都へ、二回目なので緊張もなく、町並みや建物も何となく見覚えがあり旧知の町に来たような感じがした。前回はここから又飛行機だったのだが、今回は違う。徐々に高度順応するようにと翌日からバス旅である。 

途中パンダ繁殖センターへ。去年見たところとは別で、本当にパンダが生息している地域に作られているので、より自然状態で見れる。子パンダが多かったせいもあるが、何しろ可愛い!抱っこしてつれて帰りたくなる。

Gaan この日は雅安泊だった。四川盆地の西端、別名“雨城”といわれるほど雨の多い地で緑豊かな川沿いの古きよき中国の面影をとどめた町並みだ。

この地の茶を飲む習慣が秦の発展とともに中国全域に広がったという正真正銘の茶文化の発祥の地という。

途中食べた地方料理の昼食も美味しく、何となくゆったりとした歴史の中に浸っている気持ちになった。

雅安からの日程はきつかった。何しろバスが長い(6,7時間)。道も狭く、いたるところ工事中であり、さらに急速に高度が上がっていく。両側に迫った山肌は殆んど瓦礫状態だが、どうやって造ったかと思うような猫の額ほどの畑が点在し、トウモロコシや山椒、リンゴの木などが植えられている。

この辺はイ族などの少数民族の居住地といい、家は石を積み上げた一見城塞風の独特のものである。

うつらうつらしながら右手の茶色くにごった濁流と切り立った向こう岸を見ながら、黒部峡谷を何となく思い出していると、ガイドさんの声が飛び込んできた。

“前方に見える橋が紅軍の渡った大渡河の瀘定橋です”・・・・・

余りに突然の出会いだった。もうすっかり忘れかけていた19歳の私が突如呼び出された。あの頃“中国の赤い星(エドガースノー)”を読んだことが現代中国に私が惹かれるようになるきっかけだった。・・・・

                 続く

|

« 小沢氏動く! | トップページ | 青いケシを見てきました! 4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青いケシを見てきました! 3:

« 小沢氏動く! | トップページ | 青いケシを見てきました! 4 »