« 青いケシを見てきました! 5 | トップページ | 青いケシを見てきました! 6 »

2010/09/24

現内閣に欠けているもの・・・

一昨日来、大阪地検特捜部のエリート検事による、証拠改ざん疑惑報道が日本列島を震撼させている。犯罪を摘発して社会正義を実現させるべき行政機関の一員(組織?)が、無実の善良な個人を、冤罪に落とし込もうと画策したようである。成果主義の弊害、ココに極まれりというべきか、あるいは政治謀略の一端が露呈したのだろうか。

いずれにしても、このような検察による嫌疑をよりどころに政権交代の最大功労者ともいうべき小沢氏を排除する事に政権基盤をかけている現内閣執行部の感想を聞いてみたいものだ。

永年の懸案、沖縄の基地問題もどうなるのだろう。前総理の目指した沖縄住民の負担軽減の方向性は正しかったと思う。ただ実行への綿密な戦略がなかったために期待した分、沖縄住民の失望は大きかったのだろう。難しいからといって、この問題から逃げていいわけではない。

沖縄の人々の米軍基地への嫌悪は何も戦後始まったわけではない。先の大戦の末期、本土防衛の捨石とされた悲惨な過去の記憶が底流にあると思う。それは記述された歴史ではなく、沖縄の人々の祖父母、両親世代の実体験として子に孫に共有されている。

 

 そして突如として沸き起こった尖閣諸島問題。これは領土も絡まった複雑な問題ではあるが、今は船長の帰還を認めない政府の行動一点に絞ったほうが分かりやすいだろう。

 時は中秋の名月。中国では離れ離れになって暮らしていた家族が一同に会して団欒する大事な日である。古来よりの伝統行事であるが、最近は農村を離れ都会で、海外で働いている人の増加に伴い中国人にとっては何を置いても帰省したい大事な祝日となっている。

 さらに深刻な問題となっているのは、船長が日本人により逮捕されたという事で、船長の祖母が心労のために無くなったという事だ。船長の祖母は日本の中国侵略戦争を体験した世代である。かって見聞した日本兵の残虐行為がまざまざと脳裏に浮かんできたのかもしれない。

 また中国人の葬式観が今の日本人にはほとんど理解の範疇を超えていると思われる。(何せ幻の超高齢者が埋葬される事なく放置されて続々と発見されるご時世である)

かっては棺を生前に用意する事が庶民の夢であり、親の葬儀を立派に執り行う事は今でも男子の本懐である。今回自分が原因でなくなった祖母の葬儀に出られないとなると、船長さんの面子はつぶれ、彼は一生自責の念から逃れる事はできないだろう。

このことは多くの中国人が共有する心理だと思う。極言すれば中国人の魂の問題だと思う。

隣国と仲良くやっていくのは難しいともいわれる。しかしこれは心のありようだと思われる。

現内閣に欠けているもの、それは“仁の心(他人への思いやり)なのかもしれない。

|

« 青いケシを見てきました! 5 | トップページ | 青いケシを見てきました! 6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現内閣に欠けているもの・・・:

« 青いケシを見てきました! 5 | トップページ | 青いケシを見てきました! 6 »