« ミー子が我が家にやってきた! | トップページ | ミー子大暴れ! »

2010/10/29

周回遅れのトップランナー?

最近テレビのニュースや報道番組を見る事が少なくなった。何だか独善的価値観を押し付けられているようで拒否反応が出てしまう事が多いせいだ。またバライテイ番組には興味惹かれるものが殆んどない。しかし天気予報だけは、このところの異常気象でより頻繁に見るようになった。

そんな私だが最近はまっている番組が幾つかある。

“猫のしっぽ カエルの手”(NHK)。これはイギリス人女性が京都大原の自然に囲まれて田舎ぐらしを楽しんでいる日常生活を淡々と報告しているものだが、主人公の人柄の魅力も大きいと思うが、私はとても好きな番組だ。

最近彼女の半生を紹介していたが、イギリスの貴族の出だという。貴族階級の生活になじめず、インドを旅し、日本に流れ着き終生の住処を見つけたということらしい。貴族という立場から見たら落ちこぼれかも知れないが、私達日本人にとっては、最も先端的な価値を見せてくれているように感じられる。

“プライムニュース”(BSフジ)という番組も最近良く見る。以前なら放映している局を見ただけで毛嫌いしていたかもしれないが、あるときテーマに引かれてチャンネルを合わせた。2時間という長丁場、見解の異なるゲストにじっくりと意見を聞く。その番組スタイルのせいか、討論はかなり全体像を偏ることなく浮かび上がらせてくれる。

 それにしても昨今の小沢氏に対するマスコミの報道姿勢は異常である。

 まるでカーレースの周回遅れのトップランナーに対して、道をどけろと強制しているテイに見える。

 しかしスポーツや芸能界のように若さが絶対の価値を持つ世界と政治の世界は違う。政治は人生や歴史とかかわってくる。すなわち短期間の周回で勝負が付く世界ではないのだ。

 一見周回遅れのように見えても実は本当の勝者である事は人生経験をつめばしばしば経験する事だと思うのだが・・・・。

|

« ミー子が我が家にやってきた! | トップページ | ミー子大暴れ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 周回遅れのトップランナー?:

« ミー子が我が家にやってきた! | トップページ | ミー子大暴れ! »