« 青いケシを見てきました! 6 | トップページ | 松枯れ »

2010/10/08

青いケシを見てきました! 7

 その後数日、“紅原”大草原の雄大な景観を堪能する。何しろ広い。ところどころでヤクの群れがのどかに草を食み、そこかしこに野の花(高山植物)が咲き乱れている。何箇所かで休憩したが、花々の中でのんびりと昼寝でもできたら幸せだろうなと思った。

 この付近に黄河と長江の分水嶺があるという。中国文明を二分する大河の源流が同じ地域から始まっているというのも面白い。

Kouga 九曲黄河第一湾の展望台から一帯を見渡す。河口付近は対岸が見えないほどの黄河も、ココでは幾重にも曲がった幼い河である。しばしば流れを変えているのか周辺には三日月湖も点在する。

そして花湖へ。延々と続く湿原に木道が整備されヤクと観光客が共存している。湖の向こうに巨大な積乱雲(入道雲)が沸き起こっていたが良く見ると周囲がぐるっと積乱雲に囲まれていて巨大な雲の王冠の中心に立っている感じがした。

この辺まで来ると道の整備も終わったのか、ドライブも快適である。途中チベット族の若者だろう、バイクでのツーリングの一行に出会った。

道路整備の進展に伴い今後この地域の雄大な大自然を求めて中国国内外から多くの観光客が訪れるだろう。         

そうなると農業と牧畜業に加えて観光業がこの地域の経済を大きく支えていくのだろう。

今回の旅は、悪路に悩まされ続けたが、数年後には歴史の一齣となるのかもしれない。そういう意味でも貴重な経験ができたと思う。

  

追記  雄大な景色に触れて来たせいか、最近の日本政治における重箱の隅を顕微鏡で覗いているような、政敵のあら捜しには辟易します。

|

« 青いケシを見てきました! 6 | トップページ | 松枯れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青いケシを見てきました! 7:

« 青いケシを見てきました! 6 | トップページ | 松枯れ »