« しばらくお休みします。 | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »

2010/12/27

こういうニュースを待っていた!

 昨夜のフィギュアスケート全日本選手権のテレビ中継はこのところ鬱積していた胸のつかえを久しぶりに取り除いてくれた。

最終グループの滑走一番の村上佳菜子。初々しさと大胆さが競い合うようにうまく調和して、見ている私たちまで一緒に氷上をのびのびとスベリ楽しんでいるような気分にさせてくれた。

二番目に登場した浅田真央。このところの不調、特にジャンプがもうだめなのかとまで心配させられたがついに復活した!一回り伸びやかに成長した肢体がしなやかに決まって見事なジャンプを描いていた。

三番目は安藤美姫。ゆれが大きい選手だった。期待が裏切られる事も多かった。そのため始めから淡々と見ていた。いいぞ!いつまで続くか・・・。最後まで見事に滑りきった。しかも一つの作品を見終わったというような満足感が残った。

後に続いた3人の演技もそれぞれ良かった。若手の目覚しい台頭と中堅の健闘。・・・フィギュアスケート界の前途は明るいと思った!

それにつけても、と思わずにいられないのが今の政界の混迷状態である。万年与党と野党のできレースを打ち壊し、日本の政治状況を一変させて欲しいと願った政権交代であった。

名コーチと既得権のない改革の気概あふれる若手議員による日本の改革に手が届いたと思ったとき、突如起こった“政治と金”問題である。名伯楽を失い、経験不足の議員だけが残され“世論、世論、世論”と鞭打たれて右往左往する多くの若手議員。

できレースに慣れきった旧民主の古株議員は、やっと手に入れた肩書きを守ることで精一杯。

この状態を招いた責任の大半は、見込み捜査と強引な捜査手法に胡坐をかいてきた検察と独自取材の労を厭い事実に対する謙虚さを失ったマスコミにあるのではないだろうか。

|

« しばらくお休みします。 | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こういうニュースを待っていた!:

« しばらくお休みします。 | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »