« 春の里山 | トップページ | 時には拙速もアリだろう! »

2011/05/06

春の里山  続

Shinryoku  この季節、植物の生長は本当に目覚しい。

 十日も経つと緑の色合いも、花々の種類も一変する。

前回歩いた時は、コナラ、ケヤキ、シデなどの落葉樹の初々しい葉の展開に目を奪われたが、今回それらはすっかり“黄緑”に収斂し、替わって常緑樹の芽吹きがにぎやかである。少し赤みがかったクスノキ、アラカシ、タブなどの芽生えが鮮やかに林間を彩る。

 花も選手交替である。

 山ツツジ、フジ、ホオノキなどが林内を飾る。Yamatutuji

すこしばかり薄暗くなった林床に時々キンランの可愛らしい姿が目に付く。以前に比べ、藪が切りひらかれたせいか個体数が増えてきているように感じる。

 この季節、里山を更に生き生きとさせているのは鳥のさえずりである。ウグイス、ガビチョウがいたるところでのどを競っている。

 時々ひときわ響き渡るキジの声も加わる。少し開けた畑に出ると、この時期ばかりはなんら身を隠す事をせず、かえって目立つように悠然と声を張り上げている。雌を呼んでいるのだろう。

 それにしても美しい鳥である。良く今まで生き残ってくれたと感謝したくなる。

Kinran  都会からさして遠くないこんな平凡な里山だが、昔からの日本の自然がさりげなく残っていてくれるのが嬉しい。何千年に渡って慣れ親しんだ日本人のたましいのふるさとなのだろう。これからも大事にしたい。

|

« 春の里山 | トップページ | 時には拙速もアリだろう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の里山  続:

« 春の里山 | トップページ | 時には拙速もアリだろう! »