« 春の里山  続 | トップページ | 子供は社会の宝 »

2011/05/10

時には拙速もアリだろう!

 それにしても突然に感じられた浜岡原発の停止要請であった。

 しかしこの間の世界情勢の推移から見るとアリかも知れないと思った。後からゆっくりと考えるといかにも適切な判断であったとじわっと感じてきた。菅総理の英断といってもいいのかもしれない。

 浜岡原発の危険性は以前から様々な人から指摘されてきた。しかし日本人の常として目の前に危険が迫らないと後へ後へと解決が先延ばしにされてきた。しかし今回、東日本大震災による福島原発の被災の経験から、浜岡原発の危険性が現実のものとして浮かび上がってきた。

 1000年に一度の地殻変動が起きたのなら、より危険性が指摘されていた東海地震に備えた行動がなされて当然である。また脅威は自然ばかりではない。

 ココに来て、アルカイダのリーダーと目されている人物の米国による殺害事件も勃発した。テロの激化も予想される。米国の同盟国としての日本に矛先を向ける大義名分は十分にある。あらゆる危険を予測し被害を最小限に抑える努力をするのが政治家トップの最大の任務であろう。そういう意味でも原子力の怖さを知っている人物が総理であった事は幸いだったのかもしれない・・・・。

|

« 春の里山  続 | トップページ | 子供は社会の宝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時には拙速もアリだろう!:

« 春の里山  続 | トップページ | 子供は社会の宝 »