« 時には拙速もアリだろう! | トップページ | 新緑のカラマツ林 »

2011/05/18

子供は社会の宝

被災地復興も紆余曲折はあるが、だんだんに前進しているように見える。少なくともマスコミ報道からは明るい面が強調されているのか、行政もなかなか頑張っていると思っていた。

しかし福島原発事故に関していえば、落胆続きの展開である。ココにきて多くの原子炉が実は被災当日にメルトダウンしていた模様と告げられるにいたっては怒る気も失せてしまう。今さらながら、原子力行政の国民に対する不誠実さを思い知らされた。海岸近くにありながら冠水予防の視点の欠如はひどいもので、とてもプロの仕事とは思えない。

更に放射能被害から子供を守る視点がまったく欠如している。微量とはいえ放射能に汚染された校庭の表面の土を削り取ったまではいい。ところがその土を校庭の隅に放置し、挙句50センチほど穴を掘って再度校庭内に埋め戻そうという案を聞いて絶句した。

まずは学校から運び出し、他の適当な受け入れ可能な土地を探すのが順序だろう。もし土地がなかったら、日本の領海内には数千メートルを越す海溝がいくらでもアル。密封しての“海葬”である。深海は海流の動きも殆んどないので、長い年月をかけて無害化してくれるだろう。

海への汚染物投棄として非難する人がいるかもしれない。しかし現実の子供の健康を守る事が優先されるだろう。そもそも、現代史は人類による放射能汚染に満ち満ちている。冷戦時代は両陣営による核兵器開発で実験が繰り返され、大気の放射能汚染はひどいものだったという。

最近も地震兵器の開発実験のため、しばしば海岸近くで核実験が繰り返されている可能性がネットで指摘されている。特に深度10キロ近辺の地震が怪しいという。どうやらこれからの地震学は、プレート理論をこねくるよりは、震源の浅い地震の震源地付近の海水の放射能濃度を調べたほうが、よほど地震発生の予防効果がありそうである・・・・。

|

« 時には拙速もアリだろう! | トップページ | 新緑のカラマツ林 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供は社会の宝:

« 時には拙速もアリだろう! | トップページ | 新緑のカラマツ林 »