« 24  妹の災難 | トップページ | 26 中高一貫校 続 »

2017/03/11

25   中高一貫校

町の家に帰ると、残りの半年の小学校生活を終え、私は中学生になりました。

 

その学校は、地区の普通学校でした。校舎は製材所と製紙工場に挟まれていて、生徒の大部分はこの二つの工場で働く工員さんの子供です。言い換えれば、あまり教育環境に恵まれていない子供たちでした。

 

校舎はレンガを積み重ねて作られた平屋で、教室の窓は穴だらけでした。それは元気な男子生徒が、サッカーしていて明けてしまったものです。冬ともなれば、昼間でも外の温度は零下30度に下がります。穴だらけの窓は、冬の到来を控えて、先生たちが大きなビニールを張ってふさいでくれているのですが、肌を刺すような冷風が情け容赦なく窓の隙間から吹き込んできて、私たちは寒さに凍えて体中震えが止まりません。

 

教室の前方の真ん中に、大きなストーブがありました。教室に来た先生の最初の仕事は、

まずこのストーブに火をおこし教室を温めることです。そのあとの先生も授業を続ける一方で、絶え間なく石炭を足し続け、最後の授業まで、火が途切れないように気を配ります。

 

ストーブの後ろには、うすい鉄製の筒が、ずっと教室を貫いて後ろの壁から煙突につながっていました。当時使用していた石炭の質が極めて悪かったので,黒いモクモクした煙が吐き出されます。鉄製の筒は使い古されて錆びだらけで、ところどころにできた穴から、その煙が筋のように教室の中に立ち上ります。ひどい時には、黒板に書かれた文字も見えなくなります。時には、先生は授業を切り上げ、窓を開け放して教室の換気をせざるを得なくなりました。

 

授業ができなくなると、元気な男子生徒はみんな外に遊びにいきます。

雪合戦、雪だるま作り、雪の上でのサッカー・・・。全身汗と溶けた雪でぐしょぐしょになります。

 

もっと後になると、男子生徒のいたずらはエスカレートしました。

ある時、彼らは放課後、教室に忍び込み、煙を通す管にレンガを詰めて煙の通路をふさいでしまいました。

事情を知らない先生は、早朝教室に来ると、いつものようにストーブに火をおこし教室を暖かくしようとします。しかし濃い煙は煙突から出ていかず、一気にストーブの口からあふれてきました。たちまち教室の中は、手を伸ばすと指先が見えないほどで、呼吸さえ困難になりました。

仕方なく、先生は授業停止を宣言せざるを得ませんでした。

その時は、事故の原因を調べたり、煙突を修理したりで生徒は、二日間の休暇を手に入れたのです。

 

このようにして、私たちの冬の授業は、いたずら盛りの生徒たちと先生の間に繰り広げられた“戦争”の中、とぎれとぎれに続けられました。

 

半年後、中間テストの結果が発表されました。

私の成績はクラスの中では“優等生”でしたが、その内実は、得意な国語が65点。クラスの英語の平均点に至っては、30点そこそこというひどいものでした。

 

母は、この学校の教育レベルが不安になり、私を転校させることにしました。

 

 

我が家の近くに歴史のある“女子中学”という名門校がありました。

この学校は当時東北地方では唯一の中高一貫の女子校で、大学進学率も全市のトップクラスでした。

 

母の2番目のおじさんが、この学校で数学の先生をしていた縁もあり、とても大変だったようですが、何とか私はこの学校に転校することができました。

 

この学校は当時としては珍しいビル建築で、暖房設備は室外に設置されていて、教室ごとにパネルヒーターがあり、暖かいうえに煙のすすがないのです!

煤煙に悩まされない冬はなんと清々しいのでしょう。

 

校舎は英国風のクラシックなもので、教室の外壁には重厚なタイルがはめ込まれていて、日の光に輝いてまぶしいくらいです。校舎の床は、滑らかなコンクリートでところどころには大理石が敷き詰められていました。天井に取り付けられた照明は昼間もずっと点灯されていて、その穏やかな明かりが大理石に反射して、なんとも言えない上品で穏やかな雰囲気を醸し出していました。

 

学校には制服がありました。セーラー服で、上着は藍色、スカートは濃紺でした。

豪華な校舎の造りの割には、教室はすっきりしていて、女子生徒はお上品・・・。最初のうち、私は緊張して息をするのもはばかられる感じでした。

私は中途転入の生徒だったので、先生は倉庫から一人用の机を探してきて、一番前に置き、私の席にしました。

 

この学校の窓はどこも割れていません。しかも二重になっていて保温効果抜群なのです。

私は内心大満足でした。こんないい環境の中で一生懸命勉強したいと心から思いました。

|

« 24  妹の災難 | トップページ | 26 中高一貫校 続 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59673/64998778

この記事へのトラックバック一覧です: 25   中高一貫校:

« 24  妹の災難 | トップページ | 26 中高一貫校 続 »