2007/02/26

これって産直?!

ここ数週間ノー天気を自称している私も少々落ち込んでいました。しかも原因が自分で作った本なのですから世話はありません。自業自得といわれればそれまでです。

 話を遡れば8年前になりますが、端折って昨年の事から簡単に振り返ってみます。

 ブログでつづって来た自分史を、本にするにあたりやはり思想的にも共感してくれるところをと探して、知人の紹介で見つけた出版社でした。できた本も大体において満足できるものでしたので、販売も1年間全面的に任せました。昨年末に経過報告をしてもらったのですが、納得いかない点があったので、第三者に入ってもらった話し合いの場を設定したところ、突然販売契約の打ち切りと、在庫返却が通告されました。寝耳に水ではありましたが、宅配業者さんが本の持って行き場がないと困るようなので引き取りました。

 しかし突如できた本の山に、私もしばらくはどうしていいか分かりませんでした。息子はベッドにでもしたらとからかいます。厚くて面白くない本の事を、枕にするとよく言っていたバチが当たったのかもしれません。なるべく目をそらし考えないようにしていたのですが、やはりこのままほっとくわけにも行きません。

 勇気を出して、何社かの取次業者に電話してみました。答えは出版社との取引以外には応じないというもので、ますます意気消沈し、個人の無力をいやでも感じさせられました。しかし捨てる神あれば、拾う神ありで“アマゾンのE託販売サービス”は個人も対象らしいよと教えてくれた人がいました。

さっそくネットで調べると、機械オンチの私でも簡単に登録できました。今まで一寸斜めに見てきたアマゾン様さまです。

 これって考えてみれば野菜ならぬ、本の産直ですね。個人がやりようによっては世界を相手にできるってアル意味すごい事だなあと感じ入ってます。

ブログで拾い読みしてお気に召して購入してくだされば幸いです。また購読して面白いと思った方が知人の皆様に紹介していただけたらもっと幸いです。又感想や批判何なりとコメントでお寄せください。

追記  先日、出版社サイドとの話し合いがもてました。どうやら私の誤解が行き違いの出発点だったようです。色々ご迷惑おかけしました。

 本の販売形態は、今の“産直”方式も利点があるので、このまま続けようと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/04

異文化コミュニケーション

 昨日は視聴覚教室001Flickrを大画面で大人数で見るぞ!」に行ってきました。好奇心のなせる業です。旅行が空間移動の冒険とするならば、四次元世界の小旅行といった感じでした。

まず会場探しが一苦労で、渋谷の繁華街を歩いている段階から、もう異国の旅に乗り出した感じで、少々ワクワクしました。そういえばこんな時間、こんな場所を歩いた事は私の人生において余りなかったな。私はやはり狭い世界しか知らない人間なんだなあ。この年になっても、都会では私はおのぼりさんでしかないんだなあ・・・・。色々感慨にふけりながら、めざすビルに入って、守衛さんに聞いてもそんな講演会はやってません、という事で狐に化かされた気分になりました。幸い私がメモしていた電話番号を見て近くの喫茶店を教えてくれました。入ってみて二度ビックリ、公演を聴くというより、おしゃべり会場という感じで、知る人もなく心細いやら、場違いなところに来てしまったという後悔やらが入り混じり、主催者の話ぐらい聞いたら直ぐに退散しようと思って空いているソファに座っていました。

まずcatfrogさんからのFlickrの紹介、説明。店の壁いっぱいに映し出される映像。これが又期待していたのとは大違い。このIT時代、これでもかという大画面と鮮明な映像を見せてくれるのかと期待していたのですが、実際には凹凸のある壁にぼやけた画像が映されるだけ。もう帰ろう、絶対帰るぞ!と時期を見計らっているうちにソファの空いていた一端に先ほどまでインド旅行の映像を見せながら解説してくれた人が座り、私のもう一端に座っていた人とインド旅行の話を始めました。しばらく聞いているうちに、面白そうなので、勇気を出して会話に入ってみました。

写真を撮るとは、“獲る”ではなくシャッターを通して会話すること。現地の人と友達になるには、言葉も大事だけど、ボデイラングェジがより有効とのこと。要するに笑顔です。日焼けした顔に健康そうな白い歯が見えるその青年の笑顔は確かに爽やかで好感がもてました。

次の闖入者の尋問役は、catfrogさんでした。私は怪しい者ではないこと、ブログを見て興味を惹かれてきてみたことを誠心誠意説明して納得してもらいました。ブログに度々登場する猫のボリス君をめぐってひとしきり話が弾んでしまい、気が付くと10時を過ぎてしまっていたのであわてて会場を後にしました。

 

 久しぶりに若い人たちと話していて、ふと私の若いころと比較してしまいました。あの頃、話題はストやデモや集会、闘争の事ばかりでした。もっと張り詰めた緊張感があったようにも思います。でも人間としてみた場合、共通するものも多いように感じました。私としては楽しい時間でした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/08/01

心頭滅却すれば、火もまた涼し

暑い!!パソコンの調子が悪い!!    →更新を休む。

どうも悪循環が止まりません。ここいらで私の“ど根性”を発揮しないと、私のブログも風化して、忘れ去られてしまいますね。

   パソコンの修理がはかどらない。

   パソコンのある部屋にクーラーが無い。

   海からの風を、幾つかのビル群が、屏風のようにさえぎってしまった。

だからどうした。インドの人だって、座禅というきわめて合理的な、省エネライフスタイルを創造したじゃないか。私だって、パソコンに向き合うことで、この暑さを滅却するのだ。

といっても、いきなり東大闘争の話に戻るのも、荷が重いので、しばらくは、最近始めた、携帯電話について書きたいと思います。

以前パソコンに対して抱いていた気持ちと同様、携帯も私には、無縁のものとして、この先も生きていくと思ってました。携帯を持つということは、何だか発信機を取り付けられた、保護動物になるようで、私はそんな束縛を受けずに、“自由に、人生生きて行く”みたいに粋がっていました。

それが、ひょんなことから始めてみると、なかなか便利なんですね。電話機能は、さすが機械オンチの私でも、直ぐ解りましたが、Eメールは、今修行中です。これが又、奥が深く、短い文章で、いかに的確に、しかも気持ちを込めて表現するか。まさに俳句の世界(これは息子の言葉)です。

次回から、二人の息子が相手を務めてくれた私の、Eメール修行記を紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)