2007/01/29

ミニスカートは荒行!?

先日都心のデパートへ久しぶりに行った。近場にもデパートやスーパーができ、いつもはそこで大抵のものは間に合ってしまうので、わざわざ混雑している都心に出ることはない。今の時期、歳末・新春商戦も過ぎ、成人の日も過ぎ、人出も一段落したところで各デパートは冬物セールの真っ盛り。意外な掘り出し物があるかもしれないし、戸外を歩いても寒いので散歩もかねてのお出かけである。

 特に買いたいものがあるわけでもなく、いたってのんびりムードなため、道中の観察も結構楽しい。

 一番強烈に印象に残ったのが、女子高生のスカート丈が、アララと思うほど短くなっていた事だ。電車に乗り込み座席に腰掛け、やれやれと前方に目をやると数人の見るからにエネルギッシュな女子高生のセーラー服姿が目に飛び込んできた。元気に談笑している。

 若いっていいなー、一寸感傷に浸るまもなく、膝元になにげ無く目線がいってドキッとした。見てはいけないものを見てしまったような、なんとも気恥ずかしい気持ちで慌てて目をそらした。ナンなんだ!あの短さは・・・・。人前で、しかも制服・・・・・・。

しばし動揺を抑えて、冷静に考えてみればこれは今に始まった事ではない。数年前から、街中で見かけるたびに多少は感じていた事だった。でもあわただしい日常の風景として見過ごしていた。しかし眼前に長時間見せ付けられるとおのずと感想も異なってくる。

かくいう私も高校時代はセーラー服で過ごした。制服を注文しにデパートに行った時、何故だか父と一緒だった。父は成長盛りだからと、店員さんのアドバイスよりはるかに長めにすそ丈を決めた。おかげで私のセーラー服のすそ丈は、ただでさえ長めの当時の標準を更に更新していた。ひざ下10センチはあったように思う。その上、3年間を通じて余り背も伸びず、卒業までその状態は続いた。


当時の私はそんな事は少しも気にならなかった。それより父が一緒に行ってくれて作ったという事が嬉しくて、とてもその制服を大事にした。毎日寝押しといって、畳の上に敷物を広げ、その上でスカートの折り目を丁寧につけ、そっと敷布団を敷いた。こうすると次の日には、ピシッと折り目がついて気分もすがすがしい。毎日欠かすことなく、このスカート一枚で3年間過ごした。

級友の中には、夏冬それぞれ2枚ずつ持っていて、休日になるとクリーニング店に出す人もいた。でもうらやましいとか感じた事はなかった。

そんなこんなの感傷に浸っているうちに、最寄り駅に着き外に出た。日も傾き気温が急激に下がってきていた。さっきの女子高生もさぞ寒いだろうな。何で親や学校はあんな薄情な格好を大事なわが娘にさせるのだろう。

ふと、正月以来テレビでよく目にした寒中水泳、寒中みそぎ等の映像が目に浮かんできた。ひょっとしてその精神の延長にあのミニスカートはあるのだろうか。それにしても“年寄りの冷や水”というように、一般に、特に老齢者が身体を冷やす事は健康の大敵である。若者が短時間の場合はありなのカナとも思うが、冬中ズーっとは長すぎる。婦人科医の意見を聞きたいと思うのだが・・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (1)