2005/06/27

卒業     ( 4-45 )

その翌日、駒場のK先生を研究室に訪ねた。 何回か行ったが、先生は留守だった。 数日後、校門の近くで、ばったりとK先生に会った。 卒業後の私の仕事の話を先生の口から聞きたかった。 先生の下で、どんな仕事をすればいいのか。

 「山川君、僕は君を避けていた訳じゃないんだ」

 先生は言い訳がましく口を開いた。 

 「でも、大学に、君を置く場所がないんだ」私は一瞬ポカンと先生を見つめた。 先生の顔は気が弱そうにうつむき加減だった。

  先生は疲れているようだった。 

 「山川君、国文科を無給で手伝ってみる気はないか。もしその気があるなら、話をしてあげてもいい」

 K先生の言葉が終わるか、終わらない内に、私は

 「忙しいので、今日はこれで失礼します」と言って、校門の方へ足早に歩き出した。 急に目からあふれ出てきた涙をK先生に見られたくなかったのだ。

別に東大に未練がある訳じゃない。 ただ、職場として東大に残るつもりだったんだ。 私を一人前として扱ってくれない東大なんかにもう用はない。私はその後、K先生の研究室へ二度と行かなかった。

 次の日から、私には職探しの日々が始まった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/06/24

修士論文   ( 4-44 )

どっと疲れが出てきたような感じがした。 しかし、そうも言っていられなかった。 時間は待ってくれない。 修士論文を完成させなくては。

しかも、K先生にも満足してもらえるような立派なものにしなくては。

 私はまた、毎日、図書館や研究室に行って、資料集めをし、論文の構想を練りだした。そろそろ、まとめることも考えなくてはならなっかた。

修士論文審査の口頭諮問の日、教授達の私の論文への意見は、冷たかった。

 「資料は良く集めているが、自分の意見がない。 もっと自分の頭で考えたことを書かなくてはだめだ」 

 私は、悔しかった。私の意図を少しも理解してくれていなかった。 今後どうするか聞かれたとき、私は思わず言っていた。 

 「この大学で学ぶことは、もう何もありません」

 私は、その場で泣いていた。 本当にもう、この場に私のいる余地は無いという事を感じていた。 研究室を出ながら、私は気を取り直した。 本郷の先生が皆、私のことを少しも理解してくれなくても、私にはK先生がいる。 K先生の元で研究を続けよう。

それから数週間後、修士論文審査の発表があり、私も合格していた。

あんなに酷評されていたのに、良く受かったなと思った。 

 「何ら思索の跡が認められない劣悪なものだが、“東大全共闘”の残党は早いこと卒業させるに限る」

 多分、教授会はこんな事を考えて、私に合格点をつけたのだろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/06/20

パンダの来日 ( 4-43 )

その年の9月、日中国交正常化が実現した。 10月には友好のシンボルとして中国からパンダが送られてきた。 テレビには、連日長い行列が出来ている上野動物園が映し出された。 私はしばらく様子を見ていたが、ある日上野に出かけた。

 上野動物園は、大学からも近かったので、以前にも何度か行ったことがあった。疲れていたときなど、猿山なんか見ているだけで心が和んだ。

その日は、入り口を入ると直ぐ、長い行列が目に飛び込んできた。案内の人が

「パンダを見る人はここに並んで下さい」と誘導している。 私もその列に並んで待つこと一時間あまり、やっとパンダ舎に入れた。 室内は薄暗く、パンダのいる室だけが明るく浮き出していた。 

「押さないで歩いて下さい。立ち止まってはダメ、ダメ。サッサ歩いて、歩いて」 警備員の声だけがやたらとうるさい。

 パンダの方を見たが、なかなか見つからない。 その内、やっと丸くなって寝ているランランとカンカンが目に入った。 と思う間もなく、私は、パンダ舎の外へ押し出されていた。

 こんなに沢山の人が、日中友好を支えていると思うと心強く感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/17

神戸見学   ( 4-42 )

 神戸では、港の埋め立てと六甲山の住宅造成現場を視察した。 延々と見渡す限り続く造成地の中で、何台ものブルドーザーがうなり、将来の団地の基礎造りをしていた。 神戸の地形は、海と山が迫り、その間に挟まれたせまい平野部は、当時でも既に飽和状態で、新しい住宅の大量の供給が望まれていた。 その為に、山を切り開き、その土で海を埋め立て、山と海の両方に、新しい住宅団地を造るという計画だった。

 山の残土をダンプカーで運ぶとき、市街地の交通体系を壊すというので、山の上から海岸線までベルトコンベヤーが作られていた。 しかも、市街地部分は地下を通すというものだった。 この雄大、かつ綿密な計画を構想し、押し進めた前市長原口さんに私は敬服した。 この市長を選んだ神戸市民は賢明だとつくづく感じた。 “技術屋”魂を体現したような原口さんは、また本四架橋にも並々ならぬ情熱を注いでいた。

 工事現場を案内してくれた技師は、
 「自然を破壊すると批判される面もあるのは承知していますが…」と弁解するように言った。
 「家の無い人に、家を提供するのは、立派な仕事だと思います」
私は原口さんの肩を持ちたかった。 その技師はヘルメットの奥で、にっこり笑った。 きっと、彼も同じ考えを持っていたのだろう。

日中土木技術交流協会 会報第7.8号

名古屋.大阪にて       nagoya この仕事は、最初から最後までずっと楽しかった。 私の日本認識を改めてくれた。中国の団員の方には“視察”だったが、私にとっては“見学”であった。

 私は随行していた時、白いブラウスに紺のスラックスだった。 そんな私に、時々日本側スタッフが話しかけた。 

                                   視察行程表(5/26~6/30 ) kengakutizu  

 「日本語お上手ですね」私は困った。嘘をつけず、  

 「私は日本人なんです」

 するとその人は、ひどくばつの悪そうな顔をした。 そこで私は以後、次のように答えることにした。

 「ええ、まあー 、 あの急いでますので」と言って、団員の中に紛れ込むのである。 こんな私を見ていて、旅行社から派遣されていた随行員がからかった。

 「山川さんは、まるで富士山みたいですね」

 「え? どうして?」

 「だって、恥ずかしがって、直ぐ雲の中に隠れてしまうじゃないですか」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/13

鹿島コンビナート ( 4-41 )

 もう一つ、私の張りつめた緊張を解きほぐしてくれた要因がある。 それは二人のメイン通訳の存在だった。
その内の一人Sさんは、数年前、母親と共に中国から帰ってきた中国生まれ、中国育ちの日本人だった。

 Sさんにとって中国語はいわば、母国語だった。 その上、帰国後の数年間の必死の努力により、日本語の力は立派と言うほかなかった。 ただ、最初に日本語を習った先生が、東北なまりのあるドイツ人宣教師という事で、少々アクセントにおかしなところがあった。 しかし、訳語の正確さと、訳している内容の把握力に私はしばしば舌を巻いた。 私は、中国語を少し解る添乗員でいいという、自分の役割にやっと気がついた。 

 最初の視察地は鹿島コンビナートだった。 昼間の日程は、日本側技術者による説明、Sさん達の通訳、そして見学と続いた。 私も皆と同じヘルメットをかぶり、喜々として日本の工業の最先端を見て回った。 私には全く新しい世界だった。
 その夜、私は初めての大仕事の初日という事もあり、なかなか寝付けなかった。
 私はカーテンを開け、外に目をやった。 ホテルの窓からはコンビナート全景が見渡せた。 黒々と広がる鹿島灘を背景に、眼下に星空が広がっていた。 少なくとも一瞬私にはそう見えた。 それは、コンビナートに点在する光だった。 しかし、私にはハッとするくらい美しく見えた。

 二つ目の目的地は、青函トンネル工事現場だった。 しかし、私はこの日程から外された。「トンネル工事現場は、女人禁制なんでね」
 深谷さんの言葉に、私は一寸驚いた。 最先端の技術とトンネルの神様の共存はいかにもチグハグに見えたが、わざわざ神様を怒らせてまで、見学したいとも思わなかった。 これ以後の視察には、ずっと同行させてもらえた。

日中土木交流協会 会報第7.8号

 nagasaki
長崎、荒尾、津など、当時世界に冠たる日本の造船所は、活気に満ちていた。何十万トンという巨大タンカーの建設現場では、人はいかにも小さく見えた。 しかし、逆に私は人間の力の大きさを感じた。 私は物造りの凄さに圧倒された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/10

中国土木工程技術代表団  ( 4-40 )

 修士論文のテーマが決まり、資料集めに忙しく過ごしていた。 そんなある日、
 「僕の友人の深谷君が日中友好のプランを企画しているんだけど、手伝ってみないか」と父から言われた。 深谷さんは、日本と中国の友好促進のために、日中の土木技術者の交流を計画していた。 悠久の歴史と広大な国土の中で、数々の大土木工事の伝統を持つ中国。 万里の長城 、黄河の治水、南北をつなぐ大運河の建設、...。 解放後は、自力更生のシンボルとも言われる紅旗渠南京大橋などが知られていた。 日本もこの頃、 新幹線の開業、青函トンネルの建設と数々の大事業が押し進められていた。

 深谷さんは建設省OBであったため、各地に知り合いも多く、皆快くこの計画に協力してくれたという。 後で知ったことだが、深谷さんはこの計画にかかった全費用を、保有していたゴルフ会員権を売却することでまかなったという。 

最初、通訳として手伝ってくれないかという話だった。 私は斉了会で中国旅行に行ったとき、三週間余り、毎日中国語の中にいたので、かなり聞き取れるようになっていた。 しかし、話す機会は少なかった。 以前も日常会話を習ったことは殆ど無かった。 「ニイハオ!」がしゃべれて、短波から聞こえる毛沢東語録が聞き取れるというのが正直言って当時の私の会話能力だった。

 それでも私はこの機会を逃したくなかった。 直接、新中国から来た人と話せる機会は殆どなかった。 自分の中国語の練習のためにというのが、この仕事を引き受けた動機の半分を占めていた。


日中土木技術交流協会 会報第9号

daihyoudan 中国代表団の到着後、幾つかの歓迎レセプションがもたれた。 私も代表団と同じテーブルで食事をした。  そこで私は、全然代表団の人達の話が聞き取れないことが解り当惑した。 団員は、中国各地から選ばれて来ていた。 皆標準語を話していても、 各地のなまり   が強かった。 私はそれまで、ラジオの短波などでアナウンサーの声を聞いてヒヤリングの練習をしていた。

私には団員の言葉が別の国の言葉の様に聞こえた。

「どちらからいらっしゃいましたか」 

「ご家族は」 

「日本に来てどんな印象をお持ちですか」 等々のやりとりをなんとかかんとか苦労して交わしてしまうと、後は、

「どうぞ召し上がって下さい」

「とても美味しいです」の繰り返しだった。

でも、団員の方は皆、土木技術者特有の、率直で、大らかな人達の集まりなので、何となく楽しく、打ち解けた気分になれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/27

革命現代京劇  ( 4-39 )

中国は当時、文化大革命の真っ最中だった。 私達中国語を学ぶ者は、“ 白毛女 ”や“ 東方紅 ”の歌を聞き“ 革命現代京劇 ”の映画を通して、中国の文芸に触れていた。

私は修士論文のテーマに“京劇”を取り上げ、それを通して中国の文芸を理解したいと思った。 中国の歴史を通じて、“ 京劇 ”のような歌舞劇は、民衆の圧倒的支持を得ていた。 各地、各時代に様々な様式が発展していた。

民衆の文芸を研究することで、今まで、とかく支配階級の好みに合わせられていた中国文学研究の新しい局面を開きたいと思っていた。 もう一つ私が修士論文でやりたかったことがある。 当時私は、人文科学系の論文に、“ある”空虚さを感じていた。 それらの多くは、事実を踏まえない、頭の中の空虚な理論のもてあそびに感じられた。 時には、結論が先にあり、事実を適当にあてはめていた。 謙虚に事実を見つめることから出発しない科学なんてありえない。

私はあえて、自分の論文を“ 事実 ”だけに語らせたかった。 “ 事実 ”の中から、物事の本質を浮かび上がらせたかった。 自分の論文の資料として、概論や、解説書などを極力排除した。 しかし、当時手に入る資料は限られていた。 その中で私は“人民日報”の中に現れる京劇の姿を丹念に拾っていった。 他に可能な限りの民間書籍も参考にした。“人民日報”は中国政府の機関誌であるため、政治主導的な面はある。 が、幸い、文革以前の京劇は比較的、政治から自由であった。

中国各地には、特色ある地方歌舞劇が存在した。 日本の宝塚の様に女性だけで演じ られるものもあった。 京劇も元は、地方劇の一つで、各地の要素を取り入れ、北京で人気を博し、“ 北京の劇 ”、即ち“ 京劇 ”と呼ばれるようになる。 しかし、北京は政治の中心でもあったため、種々の圧力も受け、出演者も男性だけに限られ、内容も支配階級好みのものへと変わっていく。 酒に酔った楊貴妃の表情を微に入り細に入り表現する事で、時代の寵児となった俳優もいた。


 そんな中で、解放後は一般民衆の好みに合う、もっと健康的な人物を登場させようという試みが、何度か繰り返された。

1964年6,7月に北京で開催された“京劇現代劇コンクール”には、全国18省市自治区から29劇団、2千人が参加し、京劇史上最大の盛大さであった。

ここで1964年6月、人民日報に載った二つの記事を見てみたい。

前者は、朝早くから、現代京劇の切符を手に入れるため、従来にないあらゆる層の人々が切符売り場に押しかけたことを紹介している。

後者には、従来の京劇にそっぽを向いていた青年層が、現代京劇を見て以来、熱心な愛好者に代わったことが紹介されている。

ticketuriba


wakamono  歴史的に見れば、文化大革命の中における“ 京劇革命 ”もその流れの一環として位置づけられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/23

大学院進学   ( 4-38 )

中国から帰ると、そこには相変わらずの重苦しい現実が待っていた。 大学側は正常化を急いでいた。 二年分の授業を数ヶ月の形ばかりの講義で取り繕い、6月卒業という段取りになっていた。 中文の全共闘を支持していた人の多くは授業に出ていなかった。 今まで対立していた人と机を並べるのは精神的苦痛だった。 でも私には妥協するしか無いように思われた。 私は東大に踏み止まって、自分の思想を表現していくしかない。 形ばかりの卒論も提出し、私は大学院に進学した。

本郷進学以来、ご無沙汰していた駒場のK先生のゼミもあり、研究室を訪ねる機会も増えた。 二年になると修士論文の準備を始めた。 そんなある日、K先生が言った。 

 「山川君、助手になって駒場に来てくれないか」

私は一瞬、黙って先生を見つめた。 以前から、何となくそうなると思っていた。でもK先生の口から、はっきりとその言葉を聞いてうれしかった。 研究室の奥の書棚では、後輩のM君も聞いているようだった。

「はっきり言ってくれればやります」

「今、はっきり言ってるじゃないか」

  私はこれで、卒業後の進路が決まったと思った。 後はいい論文を書けばいいのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/20

北京見学    ( 4-37 )

熱烈歓迎

taiko   北京では、実に様々な所を見学した。 天安門広場、頤和園、景山公園なども見たが、私にはやはり、人民公社、解放軍の見学の方が興味があった。

中国共産党は、解放地区では大地主の土地を、実際に耕作している農民に分ける政策を実施していた。 中華人民共和国成立以降は、それを全国規模で実施した結果、全国におびただしい零細農家が出現した。小さな土地で資金もなく、肥料も農機具も買えない。

そういう現状を打破するために、自然発生的に、何軒もの農家が協力し て、集団農場化する試みがなされた。 それを国の方針として取り上げ、全国規模に押し進めたのが人民公社運動だったという。 農民達は、各自の提供した農地の広さ、家畜や農機具と、実際の労働量を総合して、全体の収益から分配を受けるというものだった。実際の農家の見学もさせてもらった。 日本とどうしても比較してしまうので、家具も衣服も質素に感じられた。

                                                                              人民公社

jinminkousha

しかし、解放以前、地主に殆どの収穫を持っていかれ、毎日の食べ物にも事欠いた生活に比べて、どんなに今の生活が恵まれているか、おばあさんは目に涙を浮かべて話してくれた。

この人民公社は、結成から何年も経過していた。 単位当たりの収穫の増大、家畜の増加、栽培作物の多様化など、様々な成果が上がっていた。 今後の課題として、機械化の推進に力を入れたいと話してくれた。

人民解放軍       jinminkaihougun 人民解放軍は、軍隊というイメージからは異質のものを感じた。 自分達で使う衣服や食料まで、自給するために、工場や農場を経営していた。 これは国民党との内戦の中で培われた人民のものには “針一本、糸一本” 手をつけないという精神を受け継いでいるという。 解放軍になるのは、農村では青年達の憧れであり、競争率も高いという。 制服も上下間の差別はなく、赤い襟章と帽子の赤い星が、人民の軍隊の誇りを示していた。

精華大学の見学では、学生が意外に少ないので驚いた。 聞くと、多くが下放で、農村や工場に行っているという。

中国でも解放後、20年が経過し、安定した生活が続く中で、革命を担ってきた幹部の中にも革命精神を忘れ、堕落し、権力の上にあぐらをかく者が見られるようになってきたという。 青少年の間にも、安易な生活に慣れ、苦労を避け、卒業後も都市に留まることを望む傾向が強くなり、農村部や辺境に行くのを嫌がる風潮が目立ってきていた。 そんな中で、“下放” 制度が、大規模に取り上げられ、学生の意識改革が図られているという。 革命の成果を次代に引き継いでもらうという事で、“接班人” (後継者)という言葉をしばしば聞いた。

北京から、また深圳に戻り、香港に入った。 男子学生の中には、やっぱり香港の方が気楽でいいといって、酒を飲みまくる人もいた。 私は、別れ際に紅衛兵の王さんからもらった 『毛沢東語録』 を開いてみた。

  世界是你們的、也是我們的。但是帰根結蒂、是你們的!                世界は君たちのもの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/16

上海      ( 4-36 )

友誼万歳

kangei そんな私達のために、上海では “冷や奴” が用意された。 皆、これには感激した。上海といえば水のまずさに閉口した。 ポットに “開水” といって一度沸騰させた水がいれてある。 そのまま飲むと、“どぶ水” もかくやというような味がした。

その時、私は中国で “茶” が発達した理由が解った様な気がした。

上海での見学地は、病院と学校と農場だった。 病院では “針麻酔” に代表されるように、中国医学と西洋医学の融合が試みられていた。 昔からの伝統技術の中からも良いものは積極的に取り入れ、また発展させていくという事だった。

 “赤脚医生”(裸足の医者)の話も紹介された。 中国の農村部では、未だ人々が裸足で生活している所も多く、そういう地域の医療活動を支える医者を、自前で養成するという制度だ。 

当時の中国では、医学校で学んだ若者は、都市部の大病院勤務を望み、農村のいたる所に “無医村” 状態が見られたらしい。 農村地域で普通に見られる、病気やけがを治療できる医者を大量に養成する必要に迫られていたという。

自分達の中から選んだ若者を、国の集中訓練施設に送り、終了後、また自分達の地域に戻って、医療活動に従事してもらうという制度だった。


 大学にて        
daigaku 学校教育でも、新しい試みがなされていた。 今までは “読書做 官” といって、勉強して出世するという考え方が支配的で、勉学環境に恵まれた一部の子弟によって大学が独占され、一般の民衆意識からかけ離れたエリート層養成機関となってしまっていた。 それを打破する試みとして、職場や農村からの推薦者を優先的に入学させるという事も行われていた。 私達の見学させてもらった教室では、髪の薄くなった人や、工事現場からそのまま来たような日焼けして、黒光りしている青年など、種々雑多な人が若い教師から学んでいた。

                                                     noujyou      
   農場見学では、広い試験農場を案内してもらった。 私には地味はやせているように見えた。 休憩時間に出してくれた梨も小ぶりで、味もおせじにも美味しいとは言えなかった。 でも案内途中、技術指導員が日差しを防ぐためにくれた麦わら帽子は、土と汗で汚れていたけれど、私の大事な記念品として今でも押入の奥に大切にしまってある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)